ジャンパー膝・ジャンパーズニー(膝蓋腱炎)でお悩みの方へ

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)の痛みを最短で改善させる方法とは?

膝痛イメージジャンパー膝(膝蓋腱炎)は主に膝の使いすぎ(オーバーユース)によって起きるスポーツ障害といわれています。

そのせいか、「練習を中止して休まないと治らない」「痛みを我慢して、様子を見ながら練習を続けるしかない」と思われている方も多いようです。

実は、ジャンパー膝(膝蓋腱炎)の原因は「膝の使いすぎ」ではありません。

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)は原因を正しく理解して、適切な治療を行えば比較的早く改善していきます。

当院の施術を受けていただいた患者さまの声をご覧下さい

正直、もうむりだとあきらめかけていました。
でも、整体に来て治してもらったので希望が戻りました。

ジャンパー膝 脊古悠月さん

症 状 : ジャンパー膝
お名前 : Y・S様

整体へ来始めてからひざの痛みはどんどんとれていきました。今ではすっかり良くなりました。最初に痛かったのがうそみたいです。

バレーボールをやっているので、みんなと同じ練習ができないのがくやしくて泣くこともありました。

でも今ではバレーボールも楽しくできてます。

正直、もうむりだとあきらめかけていました。

でも、整体に来て治してもらったので希望が戻りました。

整体に来て本当に良かったと思いました。

ありがとうございました。

症状がみるみる回復する娘のひざに、通って良かったと感謝しております。

ジャンパー膝 脊古悠月さん母

症 状 : ジャンパー膝
お名前 : Y・S様のお母様

ジャンパー膝と診断を受けて1ヶ月半程経ち治ってくるのかと思っていたらなかなか良くならない症状。

子供も運動したいができない、練習で他のメンバーから取り残される不安で我慢の限界の状態だったので、まずジャンパー膝とはどんな症状なのかを検索したところ目に止まったのが快しん整体の必ず治りますという言葉でした。

片道2時間という距離でしたが週に1~2度通うことを決め、スケジュールを調整し、1ヶ月後のバレーの大会に出場できると希望を持って治療しました。

初日、2回目、3回目と回数を受ける度に症状が良くなり、1ヶ月後の大会だけでなく、マラソン大会も無事に走ることができるようになりました。

この快しん整体に来てから症状がみるみる回復する娘のひざに、通って良かったと感謝しております。

本当にありがとうございました。


病院や接骨院で行なわれる一般的な治療法は、電気治療、筋肉を強く揉みほぐすマッサージ、ストレッチなどです。

あるいはシップ、テーピング、サポーター、アイシングなどもありますが、これらの治療法ではなかなか改善されない患者さんが多いのが現状です。

また、「スポーツの性質上、膝が痛いのはしかたがない」「練習を休んで、しばらく様子をみましょう」といわれることも多いのではないでしょうか。

ジャンパー膝に関するブログ記事です。こちらもご覧ください。

「ジャンパー膝を最短で治すための治療法」

もし、発症して1か月が過ぎても、ジャンパー膝(膝蓋腱炎)の痛みが軽減されていないのであれば、治療法を間違えている可能性があります。

当整体では、筋肉にある感覚受容器に対しての「特殊な働きかけ」を通じて、脳に筋肉の緊張を解く刺激を加えていきます。

そうすることで柔軟さを失ってしまった筋肉や関節の動きが回復し、ジャンパー膝(膝蓋腱炎)の痛みを改善させることができます。

ジャンパー膝(膝蓋腱炎)の原因について正しく理解し、適切な処置を行えば、ジャンパー膝(膝蓋腱炎)は早期に回復していきます。

当整体の施術は、この様なジャンパー膝(膝蓋腱炎)の症状でお悩みのあなたにお勧めできる施術です。

もし、どうしたら良いか迷っている状況にあるのならば、1人で悩まずにいつでもご相談ください。

073-499-7188
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP