テニス肘でお困りの方へ

テニス肘による肘の痛みを最短で改善させる方法とは?

l_074テニス肘は痛みがひどくなると、何気ない腕の曲げ伸ばしやドアノブを持つこと、水道の栓をひねることも億劫になってしまいます。

仕事や家事などの日常生活にも支障をきたしてくると気分が沈んでしまい、病院などで診察を受け、痛みがひどい場合だと「使いすぎですね」「痛みを我慢して、様子を見ながら練習を続けるしかありません」と言われたりすることもあります。

放っておけばそのうち治るだろうと思っても、テニス肘による肘の痛みはなかなか治りません。

テニス肘は原因を正しく理解して、適切な治療を行えば比較的早く改善していきます。


病院や接骨院で行なわれる一般的な治療法は、電気治療、痛み止めの注射、筋肉を強く揉みほぐすマッサージ、ストレッチなどです。

あるいはシップ、テーピング、サポーター、アイシングなどもありますが、これらの治療法ではなかなか改善されない患者さんが多いのが現状です。

また、「痛みと上手に付き合っていくしかない」「しばらく様子をみましょう」といわれることも多いのではないでしょうか。

テニス肘に関するブログ記事です。こちらもご覧ください。

「必読!テニス肘を早期に治すための最適な治療法」

もし、発症して1か月が過ぎても、テニス肘の痛みが軽減されていないのであれば、治療法を間違えている可能性があります。

当整体では、筋肉にある感覚受容器に対しての「特殊な働きかけ」を通じて、脳に筋肉の緊張を解く刺激を加えていきます。

そうすることで柔軟さを失ってしまった筋肉や関節の動きが回復し、テニス肘の痛みを改善させることができます。

テニス肘の原因について正しく理解し、適切な処置を行えば、テニス肘は早期に回復していきます。

当整体の施術は、この様なテニス肘の症状でお悩みのあなたにお勧めできる施術です。

もし、どうしたら良いか迷っている状況にあるのならば、1人で悩まずにいつでもご相談ください。

073-499-7188
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP